降圧剤で高血圧改善!

高血圧症になってしまうと降圧剤が必須になってきますができるならあまり使いたくないですよね。なるべく少ない副作用で効果の高い薬はどれなのか、載せていきますので参考にしてみてください。

降圧剤でお薦めなのはノルバスク

降圧剤でお勧めなのは、カルシウム拮抗剤に分類されているノルバスクという薬です。カルシウム拮抗剤にはノルバスク以外にも種類がありますが、ノルバスクは知名度が高いです。
カルシウム拮抗剤は、利尿剤系の降圧剤と合わせて使われることが多いです。血管を拡張させる作用があり、血流を良くすることで血圧を下げます。それにより心臓への負担が軽くなります。
副作用として報告されているのは、頭痛、動悸、顔の火照り、だるさ、などです。また、ノルバスク服用者はグレープフルーツの摂取が禁止されています。グレープフルーツにはフラボノイドという成分が含まれており、これには肝臓の酵素の働きを阻害する作用があります。肝臓は薬の解毒をする器官で、それが阻害されることにより血中の薬の濃度が高くなってしまいます。すると薬が効きすぎて、血圧が下がりすぎてふらつきやめまい、ショック状態になることがあります。
これはカルシウム拮抗剤にだけあらわれる作用で、ほかの薬では報告されていません。例えば、利尿剤、β遮断薬、ACE(アンギオテンシン)阻害薬、ARB(アンギオテンシンII祖阻害薬)などはグレープフルーツとの摂取は問題ありません。
グレープフルーツは果物でも、ジュースでもダメです。また、ザボン、夏みかん、ぼんたん、などもダメです。ただし、レモンやオレンジジュースなどの柑橘類は問題ないと言われています。
自分がどんな降圧剤を使っているのかは、しっかり把握しておいたほうが良いでしょう。ノルバスクは注意事項を守れば、副作用が少なく使える安心の薬です。今使っている薬がカルシウム拮抗剤以外で、副作用が気になるようであれば、一度医師に相談してみましょう。

●高血圧の治療薬をお探しなら
ノルバスク通販で病院要らず
アテノロール