降圧剤で高血圧改善!

高血圧症になってしまうと降圧剤が必須になってきますができるならあまり使いたくないですよね。なるべく少ない副作用で効果の高い薬はどれなのか、載せていきますので参考にしてみてください。

降圧剤と生活習慣病と痴呆症について

高血圧の治療では降圧剤が使用されることになるのですが、一口に降圧剤といってもさまざまな種類があります。また、降圧剤によっては副作用が起きてしまうこともあるため、医師によく相談してから服用するようにしましょう。生活習慣病とは食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足、喫煙などといった生活習慣が原因で起きる病気のことであり、糖尿病や高血圧、脳卒中、肥満などの病気が当てはまります。日本人の死亡原因の2/3は生活習慣病によると言われており、かなり大きな問題となっています。また、高齢者の生活習慣病は増え続けており、痴呆症と関連していることが分かってきました。痴呆症は発症するかなり前からの生活習慣の積み重ねが関係すると言われており、まずは食生活の改善を心がけましょう。食べ過ぎが良くないことはもちろん、甘い物ばかり食べると糖尿病を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。また、肉類ばかりを食べると悪玉コレステロールが増えてしまうため、あまり食べ過ぎないようにしましょう。コレステロール値を上げないように海藻や野菜、果物などを摂取することも大切ですし、高血圧を予防するために塩分の摂取を控えることもポイントです。また、アルコール性の痴呆症というのもあるのですが、長年多量にアルコールを飲んでいる人は注意しましょう。さらに、定期的な運動も生活習慣病の予防に有効です。運動は長く続けることが大切であり、食べてすぐ寝てしまうのは良くありません。ちなみに、喫煙は動脈硬化になるリスクが大きく、痴呆症になるリスクも高くなります。他にもストレスが溜まると睡眠不足になってしまうことがありますが、睡眠不足も痴呆症と関係があるとされているのでストレスを溜めない生活をしましょう。